FC2ブログ
IELTS(アイエルツ)とは TOEICとの比較など、永住権取得までの道筋を1ステップずつ読んで考えてみてください。あなたにぴったりな方法が見つかります!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

IELTS(アイエルツ)とは TOEICとの比較

ニュージーランドでは永住に必要な英語力の証明としてIELTSという試験を採用しています。IELTS、聞き慣れない名前だと思われた方も多いかもしれませんね!IELTSとは、ブリティッシュイングリッシュ圏への留学や移住に必要な資格の一つです。スコアは0.5刻みの1から9で示されます。試験内容は、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングで、隅から隅まで英語力が試されます。技能移民部門で必要なIELTSのスコアは4パートの平均値であるオーバーオール・バンド・スコアで6.5以上です。

IELTSのレベルとはどのぐらいなのでしょうか。みなさんよくご存知のTOEICと比較してみましょう!IELTS9.0はネイティブ同様の完璧な英語力。IELTS8.0はどんな場面でも英語を使いこなせるレベル(TOEIC920〜960)。IELTS7.0は複雑な議論もできるが、時々不適切な表現が出るレベル(TOEIC810〜880)。IELTS6.5はニュージーランド永住権申請に必要なレベル(TOEIC750〜810)。IELTS6.0は日常生活で問題ないレベル。(TOEIC660〜750)。IELTS5.0は基本的なコミュニケーションができるレベル(TOEIC520〜590)。IELTS4.0は一部のコミュニケーションができるレベル(TOEIC380〜450)。

いかがですか?ニュージーランド永住を目指すには、TOEIC750〜810を目指すかんじで頑張ればいいという訳です。英語が苦手な方にはとても超えられない壁のように感じられるかもしれません。でも、IELTSも試験です。試験には受かるための勉強の仕方がありますので、充分に対策をとって勉強を続けていけば必ず6.5を取ることができると思います!!ニュージーランド永住を夢見て頑張りましょう!
IELTS(アイエルツ) 費用など詳細にすすむ
TOPIELTS(アイエルツ)IELTS(アイエルツ)とは TOEICとの比較

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
http://newzealandiju.blog.fc2.com/tb.php/7-efc76b45
このエントリーにトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Copyright © 「ニュージーランド」永住まで一直線にススム方法 All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。