FC2ブログ
IELTS(アイエルツ) 費用など詳細など、永住権取得までの道筋を1ステップずつ読んで考えてみてください。あなたにぴったりな方法が見つかります!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

IELTS(アイエルツ) 費用など詳細

ニュージーランド永住権申請に必要な、IELTS(アイエルツ)。難易度や、大まかな試験内容については「ELTS(アイエルツ)とは」でお話しました。ここでは実施団体や費用など、細かい部分をお話していきます。

まず実施団体ですが、日本では英検でおなじみの公益財団法人日本英語検定協会とブリティッシュ・カウンシル(世界中のIELTS試験を運営管理しているイギリスの公的文化交流機関)が共同運営しています。日本での受験者は年々増加しており、15,000人を超えています。全国12都市(札幌、仙台、東京、横浜、金沢、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡)で受験可能です。

試験内容はリスニング(30分+回答を書き写す時間10分)、リーディング(60分)、ライティング(60分)、スピーキング(11〜14分)の4つのモジュールがあり、リスニング、リーディング、ライティングは同日実施で間に休憩時間はありません。スピーキングテストは 通常、筆記試験の翌日に実施されます。受験料は24,675円と高額です。東京ではアカデミックとジェネラル合わせて年に21回も実施されていますが、何度も受けると受験料がかなりかさんでしまう試験ですね…。
IELTS(アイエルツ) アカデミックとジェネラルの選び方
TOPIELTS(アイエルツ)IELTS(アイエルツ) 費用など詳細

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

ニュージーランド永住権申請に必要な、IELTS(アイエルツ)。難易度や、大まかな試験内容については「ELTS(アイエルツ)とは」でお話しました。ここでは実施団体や費用など、細かい部...
TrackBacked by まとめwoネタ速neo at 2012/05/06 04:27

このエントリーへのトラックバックURL
http://newzealandiju.blog.fc2.com/tb.php/12-e5aa5e11
このエントリーにトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Copyright © 「ニュージーランド」永住まで一直線にススム方法 All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。