FC2ブログ
IELTS(アイエルツ)など、永住権取得までの道筋を1ステップずつ読んで考えてみてください。あなたにぴったりな方法が見つかります!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IELTS(アイエルツ) アカデミックとジェネラルの選び方3

IELTS(アイエルツ)のアカデミックとジェネラル…。スコアを取る難しさはどちらも変わらない事は分かって頂けたと思いますが、実際どっちを選んだらいいの?!と悩んでしまうと思います。そこで、「IELTS(アイエルツ) アカデミックとジェネラルの選び方」でお話した、2つの試験内容の違いについて思い出してみてください。ポイントはライティングです。

アカデミックはグラフや図を見て説明する問題が出されます。ジェネラルはテーマに沿った手紙を書く問題です。明らかにグラフを読むのが苦手であれば、ジェネラルを選択した方がスコアを伸ばせるかもしれません。グラフ問題が得意、手紙が苦手という方はアカデミックに挑戦された方がスコアを伸ばせるかもしれません。

IELTS公式サイトのサンプルテスト(ホームページからTest Takers Imformation→Test Sampleで見れます)を解いてみて、取っ付きやすい方を選ぶのも手ですよ。自分に合った方のモジュールを選択して、ニュージーランド永住へ近道しましょう1
スポンサーサイト

IELTS(アイエルツ) アカデミックとジェネラルの選び方2

IELTSのアカデミックモジュールとジェネラルモジュール。試験内容は、ジェネラルモジュールの方が明らかに難易度が低いですが、ジェネラルを選んだ方が有利といえるのでしょうか。実は、ジェネラルモジュールはアカデミックモジュールと同じスコアを獲得する為に、より多く正解しなければならないのです。

そりゃそうですよね…。明らかにジェネラルモジュールの方が簡単だなんて、不公平ですもの!例えば、アカデミックモジュールではスコア6を獲得するために40問中23問正解すればいいんですが、ジェネラルモジュールの場合は40問中30問正解しなければならない、とそんなカンジになっています。アカデミックモジュールは正解率57.5%、ジェネラルモジュールは75%を達成しなければスコア6を獲得できない訳ですね。どちらもスコアを取る難しさは似たり寄ったりだと思うので、自分の取っ付きやすいモジュールを選択されることをオススメします!
IELTS(アイエルツ) アカデミックとジェネラルの選び方3へすすむ

IELTS(アイエルツ) アカデミックとジェネラルの選び方

ニュージーランド永住権申請に必要なIELTS(アイエルツ)試験には、アカデミックモジュールとジェネラルモジュールという2つの種類があります。一般的にはアカデミックは留学用、ジェネラルは永住ビザ等の申請用とされていますが、ニュージーランド永住権申請の際にはどちらか好きな方を選べますよ!といっても、どちらを選べばいいのか迷ってしまいますよね。

そこで、2つのモジュールの違いを比較してみたいと思います。1つ目は、リーディングの問題が違います。アカデミックは長文3題で、文章が長く単語も難しい試験です。ジェネラルは、前半が短めの文章、後半が中〜長文問題で、アカデミックよりも難易度が低く設定されています。2つ目は、ライティングの2題のうち1題(take2)の内容が違います。アカデミックはグラフや図を見て説明する問題が出されます。ジェネラルはテーマに沿った手紙を書く問題です。

以上を読んで見て…おそらくジェネラルの方が簡単じゃない!と思われたんじゃないでしょうか?でも…ちょっと待ってください。問題が簡単だからジェネラルが有利、と単純にはいかないのがIELTSなのです…。
IELTS(アイエルツ) アカデミックとジェネラルの選び方2にすすむ

IELTS(アイエルツ) 費用など詳細

ニュージーランド永住権申請に必要な、IELTS(アイエルツ)。難易度や、大まかな試験内容については「ELTS(アイエルツ)とは」でお話しました。ここでは実施団体や費用など、細かい部分をお話していきます。

まず実施団体ですが、日本では英検でおなじみの公益財団法人日本英語検定協会とブリティッシュ・カウンシル(世界中のIELTS試験を運営管理しているイギリスの公的文化交流機関)が共同運営しています。日本での受験者は年々増加しており、15,000人を超えています。全国12都市(札幌、仙台、東京、横浜、金沢、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡)で受験可能です。

試験内容はリスニング(30分+回答を書き写す時間10分)、リーディング(60分)、ライティング(60分)、スピーキング(11〜14分)の4つのモジュールがあり、リスニング、リーディング、ライティングは同日実施で間に休憩時間はありません。スピーキングテストは 通常、筆記試験の翌日に実施されます。受験料は24,675円と高額です。東京ではアカデミックとジェネラル合わせて年に21回も実施されていますが、何度も受けると受験料がかなりかさんでしまう試験ですね…。
IELTS(アイエルツ) アカデミックとジェネラルの選び方

IELTS(アイエルツ)とは TOEICとの比較

ニュージーランドでは永住に必要な英語力の証明としてIELTSという試験を採用しています。IELTS、聞き慣れない名前だと思われた方も多いかもしれませんね!IELTSとは、ブリティッシュイングリッシュ圏への留学や移住に必要な資格の一つです。スコアは0.5刻みの1から9で示されます。試験内容は、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングで、隅から隅まで英語力が試されます。技能移民部門で必要なIELTSのスコアは4パートの平均値であるオーバーオール・バンド・スコアで6.5以上です。

IELTSのレベルとはどのぐらいなのでしょうか。みなさんよくご存知のTOEICと比較してみましょう!IELTS9.0はネイティブ同様の完璧な英語力。IELTS8.0はどんな場面でも英語を使いこなせるレベル(TOEIC920〜960)。IELTS7.0は複雑な議論もできるが、時々不適切な表現が出るレベル(TOEIC810〜880)。IELTS6.5はニュージーランド永住権申請に必要なレベル(TOEIC750〜810)。IELTS6.0は日常生活で問題ないレベル。(TOEIC660〜750)。IELTS5.0は基本的なコミュニケーションができるレベル(TOEIC520〜590)。IELTS4.0は一部のコミュニケーションができるレベル(TOEIC380〜450)。

いかがですか?ニュージーランド永住を目指すには、TOEIC750〜810を目指すかんじで頑張ればいいという訳です。英語が苦手な方にはとても超えられない壁のように感じられるかもしれません。でも、IELTSも試験です。試験には受かるための勉強の仕方がありますので、充分に対策をとって勉強を続けていけば必ず6.5を取ることができると思います!!ニュージーランド永住を夢見て頑張りましょう!
IELTS(アイエルツ) 費用など詳細にすすむ

スポンサードリンク

Copyright © 「ニュージーランド」永住まで一直線にススム方法 All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。